「遊ぶ(観光地)」「食べる(美味しいもの)」情報をお届け

「赤ちゃんを守る」沖縄のおまじない│『アンマークゥトゥ』とは

今回は、沖縄の厄払いのおまじない『アンマークゥトゥ』を紹介します。

目次

赤ちゃんと外出するとき

『アンマークゥトゥ』は、赤ちゃんを外に連れ出すときにする厄払いのおまじないです。
赤ちゃんは興味を持つものを探してキョロキョロしますよね?

そこで、外にいるマジムン達と目が合ってしまうと、赤ちゃんにいたずらしたり、泣かせたりするという言い伝えがあるのですが、今回のおまじない『アンマークゥトゥ』は赤ちゃんに、「悪いものは見ないでお母さん(アンマー)を見ていてね♡」というためのおまじないなんです!

赤ちゃんをマジムンから守るおまじない

マジムンとは・・沖縄で「魔物」などを意味する方言です

アンマークゥトゥのやり方

お母さんが、自分の中指の指先を軽く舐めて、下記のおまじないを声に出しながら、そのまま赤ちゃんの額を中指の指先でトントンと優しく叩きます。

<おまじない>

・アンマークゥトゥ アンマークゥトゥ アンマークゥトゥドゥ ンジュンドゥ

意味⇒お母さんのことだけ お母さんのことだけ お母さんのことだけを見てね

アンマークゥトゥについて

今回は『アンマークゥトゥ』おまじないについて記事にしました。いかがでしたか?
母の愛が伝わる優しいおまじないですね!赤ちゃんにも、きっとお母さんの気持ちが伝わるおまじない。
本土のヒトもぜひ、やってみてください!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

沖縄で個人事業主として活動中。
沖縄生まれ・沖縄育ちを利点として、ウチナーンチュや観光客向けに『沖縄』をテーマにした記事を書いています。

沖縄Seisaでは、ネガティブな内容や批判的な記事は書きませんので、お子様とご覧になっても大丈夫です。

その他、プログラミングやテクノロジーにも関心があり、ビジネス関係のブログメディアも複数、運営しています。(webs-studio.jp)

目次
閉じる