「遊ぶ(観光地)」「食べる(美味しいもの)」情報をお届け

「イヌに噛まれそうになったとき」の沖縄のおまじない│『ウェーカー』とは

今回は、沖縄の厄払いのおまじない『ウェーカー』を紹介します。

目次

イヌに噛まれそうになったとき

『ウェーカー』は、イヌに噛まれそうになったときに使う厄払いのおまじないです。
イヌに噛まれそうになったら、大人でも慌てるものです。

そこで対峙しているイヌに「僕らは敵じゃないよ!」と伝えるおまじないが、今回紹介する『ウェーカー』なんです!

興奮しているイヌをなだめましょう!

ウェーカーのやり方

『ウェーカー』は、とてもカンタンです。興奮して今にも噛みつきそうなイヌに向かって、下記のおまじないを声にします。怖いからといって、怒声を出さないようにしてくださいね!イヌも驚いて、逆に興奮を煽ってしまいますので(笑

<おまじない>

・ウェーカー

意味⇒待って!親戚じゃないか!
※敵じゃないよ、という意味です。

ウェーカーについて

今回は『ウェーカー』おまじないについて記事にしました。いかがでしたか?
個人的に、このおまじないは面白いです!

イヌに向かって、「待って!親戚じゃないかっ」って(笑
最初に使ったのは、誰なんでしょう?そして、なぜ広まったんでしょう?

沖縄らしいおまじないと思います。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

沖縄で個人事業主として活動中。
沖縄生まれ・沖縄育ちを利点として、ウチナーンチュや観光客向けに『沖縄』をテーマにした記事を書いています。

沖縄Seisaでは、ネガティブな内容や批判的な記事は書きませんので、お子様とご覧になっても大丈夫です。

その他、プログラミングやテクノロジーにも関心があり、ビジネス関係のブログメディアも複数、運営しています。(webs-studio.jp)

目次
閉じる